【2024年1月27日開催】群馬県立女子大学群馬学センター第44回群馬学連続シンポジウム「自然災害伝承碑は警告する〈シリーズ・群馬の災害文化Ⅰ〉を後援します(2024年1月3日)。

〇日時:2024年1月27日(土)13:00~16:00

〇会場:群馬県立女子大学 講堂

〇主催:群馬県立女子大学

〇参加費:500円(大学生以下無料)

〇定員:300名(先着順)※事前申し込みが必要です。

〇プログラム

 第一部:講演〈13:10~14:50〉

  災害文化としての伝説-群馬県の場合-

     長野県立歴史館特別館長・信州大学名誉教授  笹本 正治

  群馬の火山災害伝承碑-天明三年浅間災害関連石造物の集約-

     嬬恋郷土資料館館長  関 俊明

  自然災害伝承碑と風景に刻まれた群馬の歴史災害

     群馬大学共同教育学部教授  青山 雅史

 第二部:パネルディスカッション〈15:05~16:00〉

  「災害伝承の調査・研究と公開・活用のこれから」

     パネリスト  笹本 正治  関 俊明  青山 雅史

     コーディネーター 群馬県立女子大学教授  簗瀬 大輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です